転職エージェントを選ぶ上で重要なことは「優秀なキャリアアドバイザーを選ぶ」こと

転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶ上で、もっとも重要なことは「自分に合ったキャリアアドバイザーを探す」ことです。

転職エージェント経由で人材が採用できると求人企業は、成果報酬を払います。求人企業から成果報酬が支払われることで、「とにかく内定を取らせよう」と躍起になるキャリアアドバイザーも中にはいます。

こういうアドバイザーは、内定が出やすいという理由だけで、転職希望者の希望条件から外れた求人を紹介してきます。もし、その転職先に勤めたとしても、「自分の希望している企業と違う」と思ってしまい、また転職活動に逆戻りしてしまいます。

そうならないようにするためにも、自分の希望に合った転職先を見つけるためには、何よりも優秀なキャリアアドバイザーが重要になります。

多くのキャリアアドバイザーと出会うために、転職エージェントは一社だけではなく、三社以上登録することをおすすめします。

とは言え、転職エージェントもたくさんあり、「どことどこを選べばいいかわからない」という人もいると思います。

転職エージェントには大きく分けて二種類あり「総合型」と「特化型」があります。総合型は名前の通り、幅広く求人を取り扱っています。一方、特化型は医療やエンジニアなど、専門職の求人を取り扱っている傾向が強くあります。

「自分はエンジニアになりたいから、専門職に特化した転職エージェントを複数登録しよう」と考えているかもしれませんが、それは間違いです。

転職エージェントを利用する前に、専門職でも大手エージェントを含めた複数のエージェントに登録しておく方が良いです。なぜなら、先程からも説明していますが、「自分に合ったキャリアアドバイザーを探す」ことが重要だからです。

大手エージェントのキャリアアドバイザーは、幅広く求人を扱っているため、様々な知識や経験をしています。そのため、転職希望者に対するアドバイスや転職サポートをきちんとしてくれます。

なので、一社でもいいので総合型の大手エージェントを登録しておく方が、いいエージェントに巡り合うことができる可能性が高くなります。

まとめ

転職エージェントの選び方について説明してきましたが、とにかく重要なことは、何度も言いますが「優秀なキャリアアドバイザーを味方につける」ことです。

そうすることで、自分の転職に有利になりますし、様々な知識や経験からアドバイスしてくれ、転職できるようにきちんとサポートしてくれるでしょう。